このサイトについて

このサイトについて

携帯電話の普及台数は、今や日本の人口を超えた数があり、一人で複数の携帯を保有している国だと思います。
それは、プライベート用と会社の仕事用に分けて使われている実態があるようです。

その携帯電話ですが、数年前にスマートフォンが発売され、またたく間に普及しました。
今や携帯電話の約8割が、スマートフォンだといわれています。

そして今までは、音声通話を主体としていた携帯電話が、メールの普及でデータ通信が発生し、さらにインターネットの普及によりデータ通信が音声通信を上回り、今ではそれが主流となっています。

このことから各携帯会社は、データ通信へのトラフィック問題や通話料収入の減少などの課題を抱えるようになりました。
このことは、インターネット社会が携帯電話にも入ってきたということがいえるのですね。

そんな中で、アメリカのアップル社が、携帯電話の販売に乗り出し、アメリカで発売を開始。
アップルの革新的な物づくりは、ユーザーの大きな支持を受け、爆発的なヒットを記録しました。
それがiPhoneなのです。

このアメリカに遅れること数年後。国内3番手の位置にあるソフトバンクがアップル社との販売契約に成功し、、日本で初めて発売されることになりました。

発売前からアップル社の革新的なMACコンピューターの愛用者であった日本のMACファンを中心に予約が殺到。
日本においても爆発的な売れ行きを示しました。

このiPhone3の発売で、当時販売が思わしくなかったソフトバンクは急激に販売数を伸ばし、純増数(新規契約から解約を引いた数)が、月間1位を獲得するとともに、何ヶ月もその座を維持するくらいのメガヒット製品になったのでした。

その後、業界2位のauもiPhoneの発売を開始。
ソフトバンクと同様、iPhone効果で、業績を伸ばしています。

iPhoneは今や全世界に普及し、中国などでは、偽物まで出てくる様な事態となり、若者を中心に絶大な支持を集めています。

    iPhoneを使おう!

    おすすめ情報

    Copyright(C) iPhoneお得速報 All Rights Reserved.